「妊婦の困った症状と対策」つわりについて

つわりについて

つわりというのは、妊婦さんのほとんど起こる妊娠の初期症状です。
症状としては、吐き気、食欲不振、嘔吐感が続くというもので、人によっては固形物が食べられなくなったり、料理の匂いだけで履いてしまうこともあります。

 

 

つわりの原因

 

症状の度合いの違いはありますが、ひどい人になると栄養がまったく摂れなくなってしまうため、入院が必要になることもある困った症状です。
つわりの原因は、妊娠をすることにより急激にホルモンバランスが乱れて便秘になったり、味覚が変わることなどが挙げられますが、メンタル面も大きな影響を与えます。
例えば初めての妊娠の場合だと、妊娠した喜びだけではなく出産や子育てに関しての不安も生まれます。
やっと授かった赤ちゃんだったら、妊娠状態が無事に継続出来るか不安を抱くこともあるでしょう。
それでなくても、ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響を及ぼして、マタニティブルーという症状が引き起こされます。
このように精神的にいろいろと不安を抱えてしまうと、ストレスも過多になってしまうためにつわりがひどくなりやすいのです。

 

つらいけど・・・

 

残念ながら、つわりには確実な対策法がありませんが、まず食事に対して神経質にならないようにして、好きなものを無理せずに食べましょう。
いっそ「食べなくても死にはしない」ぐらいの気持ちでいると、気持ちが楽になるとともにつわりも軽減されるといいます。
もしお腹が空くけど食べられないという場合は、無糖の炭酸水を飲むと気持ち悪くならずに適度な満腹感を得られます。
他にも自立神経を整えるハーブティーを利用したり、好きな映画を見たり、ゆっくり散歩するなど気分転換もおすすめです。