「妊婦の困った症状と対策」太り過ぎ・体重過多

妊婦の食べ過ぎ・体重過多について

妊娠をすれば、お腹の中で赤ちゃんが成長していきますし、血液や水分、皮下脂肪、乳房などもどんどん増加するので、体重が増えるのが当たり前です。
ただし、妊婦だからといって太り過ぎたり体重過多になるのはよくありません。
昔は、妊婦は上げ膳据え膳で、動かないで食べていればよい、太れば太るほど健康な赤ちゃんが生まれるとされていました。
ですが現代では、太り過ぎや体重過多は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や妊娠糖尿病などを引き起こす原因とされているので、体重をしっかり管理するようにという指導が行われています。

 

体重管理はしっかりと

 

妊娠をして増えて良い体重は人によって異なりますが、基本的には妊娠前の体重よりも7kgから8kgまでとなっています。
それ以上太ると、妊娠線が出来たり、産道に脂肪がついてしまって赤ちゃんが通りづらくなり難産になってしまうリスクも高まります。
妊婦さんは体調が崩れやすいですし、普通の身体とは状態が違うので食欲もうまくコントロールできないため食事の管理をするのは難しいでしょう。
また、いくら太り過ぎたとしても単品ダイエットなど身体に負担をかけるダイエットはできません。
ですので、毎日体重を計ってしっかり管理していく必要があるのです。

 

上手に管理するには、妊娠5ヶ月目までは出来るだけ体重を増やさないようにすることです。
妊娠後期になると一気に体重が増えてしまうので、最初のうちに体重キープを頑張りましょう。
後は、体調を見ながらウォーキングなど軽い運動をして、ストレスを溜めないようにすればドカ食いも防げます。