「妊婦の困った症状と対策」早産の心配

早産の心配

妊婦さんで一番の不安といえば、赤ちゃんが健康に生まれてこられるかということですが、同じぐらい心配なのが早産でしょう。
早産とは、妊娠22週目から37週目未満で赤ちゃんが生まれてしまうことです。
流産の場合は赤ちゃんがきちんと着床できなかったなど赤ちゃん側に原因があるのがほとんどですが、早産はママが原因となります。
早産の原因はいろいろありますが、その多くは病的なことに起因しています。
子宮筋腫や子宮頚管無力症、前置胎盤、そして妊娠高血圧症候群などが早産を引き起こす一番の原因と言われています。
もちろん、生活習慣も大きく関係していて、特に出産ぎりぎりまで仕事を続けたり、身体に負担がかかるようなことをしていると早産のリスクを高めてしまいます。

 

早産の兆候

 

早産の兆候は、お腹の張りや痛み、背中や腰の痛み、破水、不正出血などがあります。
破水や出血は分かりやすいですが、お腹の状態というのは妊娠していれば不安定なのが当たり前になっているので気が付きにくいでしょう。
もし横になって安静にしていても症状が収まらないという場合は、早産の可能性があるのですぐに病院に行きましょう。

 

早産を防ぐには、まずは規則正しい生活習慣を心がけて、妊娠高血圧症候群などにならないようにすることです。
また、いくら安定期だといっても普通の身体じゃないので、体調をしっかり管理して無理をしないことも大事です。
その上で、葉酸など赤ちゃんが安定して着床していられる栄養素を摂るようにすると、早産のリスクを大幅に軽減できます。