「妊婦の困った症状と対策」貧血とめまい

貧血とめまい

貧血やめまいは、妊婦さんの症状でつわりの次に多く発生する症状で、特に妊娠10週目以降に現れやすいと言われています。
原因としては、妊娠をすると胎盤を成長させたり赤ちゃんにたくさん栄養を補給しなくてはいけないので、循環する血液の量が増加するため、血液が薄まってしまうことが挙げられます。
血液量が増えた場合、赤血球も増えなくてはいけないのですが、妊婦さんは鉄不足になりやすく赤血球を十分に作り出すことができません。
そのため、細胞分裂が活発に行われる10週目以降から貧血やめまいなどの症状が現れるのですね。

 

軽度ならあまり心配はいりません

 

妊婦さんの貧血やめまいは生理的なことから起こっているので、軽度の症状であれば特に問題はありません。
身体の状態が落ち着けば自然に治ることもあります。
ただし、貧血やめまいが頻繁に起こる、ずっと続くという場合は重症化して危険なので、そうならないように事前に気をつけなくてはいけません。

 

健康や食生活とサプリメントで栄養補給を

 

貧血やめまいの対策として効果的なのは、やっぱり規則正しい食生活をして栄養バランスを整えることです。
栄養をきちんと摂れば、血液もしっかり作られますし、赤血球の量も増加させる効果が期待できます。
ですが、妊娠していると思うように食べることが出来ないかもしれませんから、そういった場合はサプリメントを利用しましょう。
妊婦さん用のサプリメントはいろいろありますが、貧血やめまいの場合は特に不足しがちな葉酸とビタミン12を重点的に摂ってください。
葉酸はビタミンB12とともにヘモグロビンの生成を促進するので、症状の改善に一番役立ってくれるので予防のためにも摂取してください。